2013/05/10

レオナルド・ダ・ヴィンチ展—天才の肖像


4月の終わりに行ってきましたダ・ヴィンチ展。
ミラノのアンブロジアーナ図書館・絵画館所蔵の作品が来てくれた模様。
主にダ・ヴィンチの手稿・習作が紹介されている展覧会で、彼が描いた油彩画は「音楽家の肖像」1点だけでした。
その他展示されている油彩画はレオナルドの弟子やレオナルド派の絵だそうです。
やはりいくら技法が同じでも、本人の作品から感じられるような圧倒感はなかったなあ。
さすが天才レオナルド…!


手稿に描かれているスケッチやメモも十分興味深いものでしたが、彼の「洗礼者ヨハネ」を発展させた1枚の絵がすごく印象に残った。


ロンバルディア地方のレオナルド派の画家が描いたらしいヨハネ像。
背景には清々しい森や湖の風景が広がっています…が、禍々しいほどに妖艶な表情で、「この人荒野で修行したことないっしょ!?」とツッコみたくなるほどの美しさ。
元の絵より女性的にしてしまったのは何故なんだ。
家にあったら「夫の愛人の顔か?(しかも性別はどっちだ!?)」と疑いたくなるような雰囲気。


ミュージアムショップでは相変わらず楽しいオリジナルグッズが揃っていました。
漫画「チェーザレ」とタイアップしていることもあり、作者描きおろしの肖像画もずらり。
チェーザレもいいけど、やっぱりレオナルドが一番かっこよかったな~(´-`)
もちろん描きおろし漫画も買いましたとも。
表紙カバーをはずすと、



こーんな感じでタイトルが刻印されており、めちゃくちゃ素敵な装丁でした。
真似したい…


レオナルド・ダ・ヴィンチ展―天才の肖像
2013年4月23日(火)~6月30日(日)
東京都美術館
http://www.tobikan.jp/
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36