2013/01/16

007を観たよ




「007 スカイフォール」を観てきました。

ストーリーがクドい!演出もクドい!音楽もクドい!
と、いろいろな面で昔ながらのパターンがブイブイぐいぐい。
現代でこれをやるのかと少々心配してしまいました…が。

この007は「世代交代」がテーマ。
古いもの(=主人公たち)の存在意義が問いかけられ、どう存続していくかがストーリーのポイントでした。
大筋としては古いものと古いものをぶつけ、新しいものを生み出す…という流れに。
だからあんなにわざと「懐かしい」作りだったのね~
古くても良いものは良いんだ!という、中年世代の声なき叫びも聞こえる(笑)


ダニエル・クレイグのやんちゃで暗いボンドも良い味出してます。
トム・フォードのスーツがニクイくらい似合う!
20代の若造にはとてもじゃないけどこのセクシーさは出せない。
あれだけ細身なのにアクションシーンで動けるってことは、仕立ても最高なんでしょうね。
このスーツだけでも、映画を観る価値アリ。

ただ顔がね…とてもシワっぽい!体はムキムキなのに!
テーマがテーマなだけに、役作りのため痩せたのかな?とも思いますが、とにかくおじいさん一歩手前といった感じ。
(でもまだ44歳なんだよ~~~)
やっぱり立体的な顔だと筋肉の動きも激しいから、シワにもなりやすいんでしょうか。
いえ、もちろんシワがあろうがなかろうが、素敵なことには変わりありませんけどね。


あとボンドガールのイヴが最高だった(´-`)
ああいう強く賢くそれでもってセクシーな美女は観ててたまりませんね~
いわゆる「ぶりっこ」キャラが苦手な私、洋画や洋ゲーではかっこいい女性がたくさん出てくるので、とっても楽しいです。
かっこよく美しい女性を嫌味なく描けるようになりたいなあ。