2012/07/13

Kakera1枚UP&油彩画「霧の朝」について

PicoSpaceにKakeraシリーズを1枚追加しました。
レトロスターさん企画「梅雨のお手紙」に参加させて頂く際に描きおろしたものです。
大好きな青をメインに、遠い国の爽やかな6月をイメージしました。

この絵を描いて、小さな画面に油彩は大変だということを学びました…
面積が小さい分、しっかり乾かさないと油で色が流れる流れる(;ω;)

良い細筆をもっと持っていれば、もうちょっと描きやすかったかなぁと。
消耗品の細筆、なかなか値段の高いものには手が出ないです。
それなりのお値段のものでも100均のほうが優秀だったりして、なかなかギャンブル性の高い買いものかもしれません。























それから、油彩「霧の朝」がお嫁に行きました。
(Yさま、本当にありがとうございました…!)

とても思い入れが深い作品ということと、まだ絵の数がそれほどないのでKakera以外の作品販売は考えてはいなかったのですが、大変気に入ってくださった方がいらっしゃったので。
きっと私の手元にあるよりも、その方の元にあるほうが大事にしてもらえると思い、手放す決心が付きました。

・・・娘がいれば、結婚に出す時はこんな気持ちになるのかな、と思いました(笑)
ご縁があるということは、幸せなことですね。


アナログ画は自分の内に没頭して描くことが多いので、自然と愛着の湧く作品になることが多いです。
逆を言えば観る方の視点をあまり意識していないので、自分本位の絵なのかもしれないなぁと。
それでも、イベントなどで絵に対して思いがけず好意的な意見を頂けると、ああ本当に描いてよかったな…としみじみ思います。

無心で描いているからこそ「たった一人のための絵」になれば、素敵だなぁ(´-`)


-----------------------------------------------

次のアナログ画は、途中になっている「昨日の街」の続編になりそうです。
といっても油彩からデジタルに移行しちゃっているので、よりイラスト色が強くなる…かも?

秋のイベントで発表できるように、頑張ります。