2011/04/17

最近読んだ本8:華竜の宮 ほか



「華竜の宮」
地殻変動により大半の土地が水没した25世紀の地球。
人類は地上民と海上民に別れ、それぞれ独自の社会を形成しているところが面白い!
日本政府の外交官が主人公ということもあり、どこの国のあの部署のダレダレさん…のように、登場人物がいっぱいでした( ゚д゚)
記憶力がない私には少々骨が折れましたが、それも気にならないほど引っ張られて読んじゃいました。




「わたしの世界一ひどいパパ」
児童書新刊。
タイトルでどこがどう世界一ひどい親父なのか気になってつい。
子供向けではめずらしいくらい確かにひどかった。


「地球へ…」

「ケーキ ケーキ ケーキ」

「KAGEROU」

「7人のシェイクスピア①②③」

0 件のコメント:

コメントを投稿