2011/08/21

2011夏 イタリア旅行記②(ピサ編)

2011夏・イタリア旅行記第二段はピサ編です。
チェーザレ読者の皆さまにはとっても輝いて見える土地ですね~☆

ピサはフィレンツェからローカル線で2時間あれば行ける、訪れやすい名所です。
そして月曜はフィレンツェの公共施設が閉まっているせいか、斜塔があるドゥオモ広場は

観光客まみれ!!
でした。
暮れの浅草寺とでも言えばいいのでしょうか…
バスから降りた直後、そのまま引き返したくなったくらい(´▽`;)
























敷地が広いので、ひとまず芝生に避難、パニーニなどで軽くお昼を取る。
だいぶ後になってから芝生に入らないで的な立て札を見つけたのですが、この人数では道路に収納しきれず、無理でしょう。みんなブイブイ進入してます。そしてゴロ寝してます。

























斜塔の入場は日本で予約しておいたので、周辺の大聖堂などから見学することに。



[カンポサントから見た大聖堂]



[500年前、ここでチェーザレはミサを行ったのでしょうか…感動!!でも説教壇(?)がモダン]





[いたるところにメディチの紋章が]





[洗礼堂内部。意外とシンプル]






[チケット売り場前。ロムルスとレムスがこんなところに!でもウフィッツィにあったものが元祖?]

 



さて、そろそろ予約の時間、荷物を預けて斜塔へ。
















 
傾斜している薄暗い階段を上っていくと、絶景が…!






晴れ渡った空に、大聖堂や赤い屋根の町並みが映える…!素晴らしいパノラマです。
ただかなりの高所&見た目以上に床が斜めっているように感じ、足がガクガク( ゚д゚)
上のほうは風も強いので、冬は寒さ対策をしていったほうが良さげです。


このほかにシノピエ美術館(フレスコ画の下絵がある)、カンポサント(納骨堂)、ドゥオモ付属美術館なども見学してきました。広場や大聖堂と違って人も少なく、快適に過ごせるのでおすすめです。



さて、もう日が暮れてきたから駅まで戻ろう、でもバス乗り場が遠い…
ということで、駅まで徒歩で行くことに。
地図で見ると遠そうですが、30分くらいで到着したような気がします。

ドゥオモ広場から駅までの途中にあるカヴァリエーリ広場に寄ったのですが、そこにあるサント・ステファノ・デイ・カヴァリエーリ教会が本当にかっこよかった!(中は見てないんですけどね)
この広場は聖ステファノ騎士団本部があったそうです。
中世そのままって感じが歴史好きにはたまらない~~


[大理石の美しいファサード]


天気も良かったし、イタリア旅行の大きな目的も果たせて、大満足の一日でした。



旅行記③(フィレンツェ編)に続く。