2011/07/14

パウル・クレー おわらないアトリエ



チケットを教室の先生から頂いたので、きのうはお墓参りがてら東京国立近代美術館に行ってきました。
展覧会「パウル・クレー展」と常設展の両方を観てきましたよ。


パウル・クレー展は「クレーの作品は物理的にどのように作られたのか」をテーマにした展示だったので、制作方法はもちろん画家が使用していた画材まで観ることができて、とても勉強になりました~。
特に気になったのが「油彩転写」。
普通なら鉛筆やカーボン紙で転写する線画を、油彩でやっちゃうということみたいです。
あんなレトロな質感が出るものなんだ…!私も今度やってみたいなぁ(´-`)

作品で印象に残っているのは、チケットにも印刷されている「花ひらいて」、それと「蛾の踊り」「襲われた場所」「バルトロ:復讐だ、おお!復讐だ!」でしょうか。
線がメインのものもいいけど、やっぱり色を見せる作品に惹かれちゃいます。


それから常設展。
大大大尊敬している東山魁夷巨匠の作品も展示されていて、最高でした…!
ちょうど常設展の中の小企画で「路上展」というものが開催されていて、その中にずっと観たかった「道」があったのです。
印刷には出ないあの細やかな色彩を実際に目にできて、感動。
緑も道の小石も、なんて美しい描写なんだろう。
そして道の向こうの空気がまた、たまらなく懐かしいにおい。
いつかこんな絵が描きたい…!!
(一点透視で道なんて描いたら、今の自分の技術じゃ平板でつまらない絵になっちゃう)

あとは歴史の教科書で見た「南風」(和田三造)、近代的すぎて100年前の絵とは思えない「騎龍観音」(原田直次郎)など、ほれぼれする作品を楽しんできました。
岸田劉生の「麗子像」(ただし5歳の時のね)もあったりして、日本人として誰でも面白く鑑賞できるような美術館でした~。


【パウル・クレー おわらないアトリエ】
東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/index.html
東京都千代田区北の丸公園3番1号

0 件のコメント:

コメントを投稿