2011/01/07

カンディンスキーと青騎士展



新年は三菱一号館美術館の「カンディンスキーと青騎士展」を観にいってきました。
建物がレトロ…!

今回の展示ではミュンヘンのレンバッハハウス所蔵の作品がはるばる海を渡ってきました。
「青騎士」(かっこいい!)という革新芸術運動グループの世界的コレクションで知られているそうです。
近代の前衛的な作品が多く、あんまりなじみがない作品が多そうだなぁと思っていましたが、全体的に親しみすら感じてしまう内容でした。
基本的に初期の作品が多く、ペインティングナイフでの習作などもかなり紹介されていたし、難しい主題のものより風景や人物が多かったからかなぁ。

特に気になったのはナイフで描いた絵の具モリモリの作品。
色が踊っていて楽しいし、触れたら作者のその時の感情が伝わってきそう。
なんだかすごく勉強になりました~、チケットをくれた叔父さんに大感謝です(´-`)


お昼はここの美術館に併設されている「Café 1894」でランチ。
天井が高いし、ソファもがっしりふかふかでくつろげます。
展示用の特別メニュー、ボルシチもどき(名前忘れた~!)はとてもおいしかったですよ!




そういえばこの日は箱根駅伝(復路)の日で、なんと美術館目の前の道路がコース。
ランチ後ちょうど母校の選手が通ったので、かなりマジメに応援してしまった…
ふだんは愛校心ゼロのくせになんて現金な…


【カンディンスキーと青騎士展】
2010年11月23日~2011年2月6日
三菱一号館美術館
http://mimt.jp/index.html

東京都千代田区丸の内2-6-2

※底が固い靴だと、建物の床の材質によりコツコツとても音が響きます。(注意書も館内にアリ)
知らないでブーツで行ったらかなり気を遣いました(^^;)
やわらかめの靴で行くのが無難かもです。

0 件のコメント:

コメントを投稿